赤字経営者にハードルが高い住宅ローン

住宅ローン審査

経営が赤字の場合 住宅ローン審査は不利

 赤字経営者の住宅ローン審査というのは、通らないものだと思っている方がいるようです。確かに、経営者というのは自営業ですから、それだけで会社員や公務員よりも審査の時に不利になると思います。更に赤字経営者の住宅ローン審査ということになると、ますます難しくなるのは当然かもしれません。しかし、100%赤字経営なら審査に通らないのかっていうと、そうでもないようです。例外的とでも言うのかもしれませんが、赤字の額が経営者の受け取る報酬以内であるなら審査に通る可能性はあります。

 中小企業だと会社=経営者ということになりますので、経営者の報酬額以内に赤字がおさまっているのなら、それは実質的には赤字じゃないと考えることも出来るそうです。こういう場合なら絶対通るということではないので、それはご注意を。ちなみに、会社経営者の場合は前年度の収入だけじゃなく、過去2〜3年に渡っての所得状況を確認されることになります。そして、住宅ローン審査の場合、その過去2〜3年の中で一番所得が低い年を審査基準にしているそうですので、審査としてとても厳しいと考えられます。ですから、赤字になっていなくても所得が厳しい年が過去2〜3年にあるのなら、審査に通るのは難しいかもしれません。

赤字経営者の住宅ローン審査についてさらにもう少し。聞くところによるとフラット35なら借りられるかもしれないそうです。フラット35の場合、個人審査になるそうで、経営者であったとしても会社の決算書を提出する必要はないということらしいです。聞いた話なので本当なのかは分かりませんが、そうであるなら赤字経営でも審査に通る可能性はあると思います。

 ちなみに、当然ですが赤字経営というのは審査対象期間内に赤字だったならってことであって、一度でも赤字になっていたらってことではありません。基本的に過去3期分の決算書が必要になるので、その3期連続赤字なら先ず無理です。1期でも赤字があると相当厳しいでしょう。尚、先にも書いたようにフラット35の場合は個人審査となるので3期連続赤字でも審査に通るかもしれません。そうそう、書き忘れてましたがフラット35でも決算書の提出を要求する場合があるかもしれないそうなので、決算書提出が不要な受付機関を探す方がいいと思います。でも、ここまで書いておいてなんですが、この頃はフラット35の審査も厳しいので楽観視はしない方が無難です。

 

経営者住宅ローンのおすすめサイト

サラリーマンの場合は、勤務年数と年収がもっとも重視されます。金融機関にもよりますが、勤続年数は最低でも1年以上が必要で、一般的には3年以上とされているようです。年収・収入に関しては、低いからといって一概にNGとは言えず、毎月の支払額や勤務先の経営状態、購入する不動産の価値などによって住宅ローンが組める場合もあります。
自営業・経営者の住宅ローンQ&A【審査通らない・審査落ちしたら?】より引用
経営者の場合住宅ローンを借りるのが難しいとはよく言われます。ですが実際のところ本当に難しいのかどうかは人によって違うとしか言いようがありません。しっかりと自営業・経営者の住宅ローンについて勉強して知識を深めていきましょう。