住宅ローンの審査で苦労する

住宅ローン審査

容易ではない住宅ローンの審査

厳しい住宅ローンの審査について。厳しい住宅ローンの審査に困っている人も多いのかもしれません。マイホームを持つのが夢って人も多いですが、このご時世、住宅ローンを組むのも大変かもしれません。ちなみに、ついつい年収や雇用形態ばかりを気にしてしまいがちですが、それよりも審査で重要視される項目というのがあります。それが年齢と返済負担率。申し込み時の年齢と完済予定時の年齢というのが結構大事です。金融機関に調査すると、これらは年収よりも上位の重要項目になるそうです。

 当然ですが、年齢が高くなるほど審査は厳しくなります。また、若いうちなら長期のローンが組めても年をとっていると定年が来るので返済が難しくなると判断され、長期の住宅ローンは組み難くなるということもあります。それと、返済負担率についも少し。これは、ローンの年間返済額を年収で割ったものとなります。普通の銀行だと返済負担率は25〜40%程度と考えているそうですが、各金融機関で結構違うのでそこはご注意を。それから、勤続年数。これも重要なポイントです。勤続年数は一般的には3年以上からとなっていますが、これも金融機関によっては1年以上からというところもあります。

 

住宅ローン審査のおすすめは?

住宅ローン審査に通らなかったので基準が甘い(緩い)銀行を探しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、現実には審査が甘い銀行というのは存在しないと考えたほうが良いようです。大事なポイントはそれぞれの金融機関、そして住宅ローンによって審査基準が異なるということ。
住宅ローン審査基準甘い銀行は?自営業通る!【勤続年数と年収】より引用
住宅ローン審査基準を知りたいというのは当然のことです。自分の年収や借金の状況で果たして住宅ローン審査に通るのかというのはほとんどの方が知りたいことでしょう。まずはどういったことが審査されるのか、そしてどの程度の基準があるのかというのをしっかりと見ていったほうが良いと思います。住宅ローン審査基準を満たすために、まずは専門サイトで勉強しておくことをおススメします。